2017年03月20日

Family ski in Yunomaru

このブログって、インラインsk8 のブログじゃなかったっけ?
最近、スキーと登山の記事ばっかり…

と、言うわけで今年4回目のスキーは「湯の丸スキー場」
去年は行かなかったので、2年ぶりだ
[ここに地図が表示されます]

3連休の初日なので、渋滞を避けるため、AM4:30に出発、何とか渋滞には巻き込まれずに7:30前に到着できた。
早朝の所為か、駐車場はガラガラだ。AM8:00に、第1ゲレンデから滑り始める。

gerendemap2016.jpg

標高が高い所為と、早い時間なので雪は結構固いがこの時期の雪質としては、文句の付けようが無いくらい上質だ。
ビデオを撮ったりしながら、1時間半程繰り返し滑る。陽が当たるに従って、段々雪が柔らかくなって来て、丁度いい感じになってきた。



今年新調の DYNASTER CR70 DEMO だが、まだ慣れないな…
トップの回転性が高いのだが、雪が固いとそれが顕著に出て、トップが不安定になり、回りすぎてエッジの抑えが効かなくなる。
少し柔らかい雪質の方が滑りやすい感じだ。

今度はゲレンデを変えて、第3・第4・第6ゲレンデで滑る。
何本か滑ったら疲れてきた「休もう」と言うと、ママと翔は「休まずに滑る」と言う。そんな元気はないので一人で休む…

それにしても空いている、リフト待ちも皆無だし連休中とは思えない。
しかもスキーヤーもボーダーも上級者ばかりなので、ゲレンデの真ん中で止まったり、急に進路を変えられたりしないので、自分の思い通りに快適に滑れる。
ハイシーズンは寒すぎて来る気がしないけど、春先は最高だね!

yunomaru011.png yunomaru012.png yunomaru007.png

午前中いっぱい滑って終了(この位がちょうどいいな…)

帰りは恒例のここと
http://tomi-kosya.com/yurari/

ここに寄ってから帰る。
http://raidenkurumi.jp/

渋滞なしで、5:30に東京に着いた。
posted by I.K.D. at 21:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

10年前のSkiとBootsはさすがにガタが来たので、モデル落ちだけど新調した!

10年使っていたSkiとBoots(Ski:Dynaster Cross64 Boots:Lange Banshee ZC) さすがにガタが来て今シーズン新調(Ski:Dynaster CR70 DEMO Boots:Lange RS90 S.C どっちもモデル落ちだけど…)

新調したとはいえ、どちらもモデル落ち… 今更インプレッションではないけど、今まで使っていた物との差を整理してみた

Ski:Dynastar CR70 DEMO 165cm / Dynastar:Cross64 157cm

IMG_20161010_200150 (2).jpg

長さ:若干短く感じていたので、標準的な165pを選択した
Radius:13m Cross64の11mから13mと、若干半径が大きくなったが、滑走時の差はあまり感じない
エッジ感覚:Cross64は、ロッカーしてないRacingシェイプを持ったSki、角付けするとトップからエッジが食い込んでそのままテールに抜ける。グリップは抜群で、高速で深回りするとエッジがズレないので、膝が負けてしまいそうになった。
CR70 DEMOは、Demoモデルの2nd モデルといった位置づけ、トップロッカーで角付けを意識しなくても、トップが回り込んでくるが、グリップしながらというよりは、トップがズレながら回ってくるといった感じ。
踏み込んだ時の加速感はCross64の方が感じられる。
レスポンス:どちらもショートターン向きだが、レスポンスのタイミングはCR70の方が速く、よりショートターン向き(Cross64は意識して角付けしないと板が戻ってこない)
長さの差・R‐差はほとんど感じられないが、より力を使わないでEasyにショートターンをできる感覚を持たせてくれる(CR70 DEMO)

Boots:Lange RS90 S.C / Lange Banshee ZC

IMG_20170218_165223 (2).jpg IMG_20170218_165242 (2).jpg

・あまり固いBootsは悪雪斜面での対応幅が狭くなるので、柔らかめのBootsを選んでいる。RS90はネーミングの通り、フレックスインデックス90のBootsで、Banshee ZCより若干固い感じがする(フレックスインデックス80位が自分にはちょうど良いかも…)
インナーは、Bansheeに使っていたSidasのフォーミングインナーをそのまま使う(インソールもSidasそのまま)
若干バックにスペースが空くので、スポイラーで調節した。
Langeなので足入れは最悪、けどフィット感・レスポンスは良く、しばらくはこのメーカーのBoots以外は履けない
・Bansheeとはラストがだいぶ違って、つま先部分に若干ルーズ感があるが、ホールドが悪い訳ではないので、特に問題なし!
・デフォルトのインナーは柔らかめで、シーズンを重ねるとヘタリそう。
フォーミングインナーとの組み合わせ等で、自分流にチューニングするのが良いようだ。

板はこの10年でだいぶ変わったね〜 競技用でもロッカーが当たり前になってきてるし、長さも一時期よりは、長めの設定になっているようだ(自分は、どうもロッカーの感覚はあまり好きになりないかも… やっぱり最初から最後までビシッとエッジが効いた板の方が乗ってて気持ち良いと思ってしまう…(体力がついて来なくなって来たけどね〜)
posted by I.K.D. at 01:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

秋の庭で、虫の声

雑草だらけの庭で、虫の声の合唱
本当は、他にも色々鳴いてたけど、綺麗に録れたのはコオロギだけ…

posted by I.K.D. at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

平標山 日帰り登山(2016/8/12)

夏休み中なので、日帰り登山
今回は、谷川連峰西端の 平標山(1983m)を登る

[ここに地図が表示されます]


午前4時に東京出発、6:20分に平標登山口の駐車場に到着、既に10数台駐車している
6:35登山開始
IMG_20160812_062711.jpg

駐車場の裏の林を抜けて、一旦車道に出てから登山道に取り付く のっけから急登
最初の目標点「鉄塔」まで約1時間掛かる、松手山までさらに1時間 コースタイム上は1時間30分となっているが、約2時間掛けて到着
ここからは、森林限界を抜けて、目標の平標山頂も見えている 苗場山が大きい
IMG_20160812_083242 (1).jpg IMG_20160812_083125.jpg IMG_20160812_083144.jpg
左から 松手山山頂/平標山頂方面/苗場山

山頂手前に見えている、ピークに向けて、見晴らしのよい登山道を登る
急登もあるが、お花畑が点在しており、今日のコースの中で一番綺麗なポイント 山頂手前のピークまで松手山から55分
IMG_20160812_093223.jpg IMG_20160812_093139.jpg IMG_20160812_093246.jpg IMG_20160812_083448.jpg
お花畑の中を登る

10:10分に山頂到着 登山口から約3時間30分掛かった(コースタイム上は、2時間50分)若干ガスが出てきて、仙ノ倉山方面が見えない
IMG_20160812_101045.jpg IMG_20160812_101110.jpg IMG_20160812_101138.jpg IMG_20160812_101442.jpg
山頂(2枚)/谷川本峰方面/北側の池溏

平標山の家で大休止をすることにして、10:30に下山開始、急な階段をどんどん降りる
途中、湿原もあったりしたが、登りの道と比べると笹原で、高山植物は少ない
25分で平標山の家に到着 20人ほど泊れそうな、きれいな山小屋だ 
ここで、大休止
IMG_20160812_102921.jpg IMG_20160812_113303.jpg IMG_20160812_115103.jpg
イワショウブ/平標山の家/ヨツバヒヨドリ

12:00 平標山の家出発
またもや、急坂に階段が続く 1時間弱で林道に到着、さらにここから1時間程度で、登山口駐車場到着 14:00
途中、猿ヶ京のまんてん星の湯でを流して帰京した

予定コースタイムより時間が掛かったが、比較的歩き易く展望も高山植物も楽しめた登山となった
参考コースタイム(小休止含む)
平標登山口(2時間)松手山(1時間)山頂手前のピーク(40分)山頂(30分)平標山の家(2時間)登山口




posted by I.K.D. at 12:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mountain Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

Family ski in Shiga Kogen

志賀高原に泊まりでSKI
温泉にも入りたかったので、今回は発哺温泉の一番奥「志賀スイスイン」に1泊した

2016-03-13 08.02.34.jpg 2016-03-12 08.06.06.jpg

今年の少雪は、志賀も例外ではなく西舘山スキー場はフーディーリフト沿いの上部メインゲレンデが滑れない状況
雪が付いている場所でも一部アイスバーンだったり、ブッシュが出ていたりと良くない
それでも1日めは、西舘山〜ブナ平〜東舘山〜寺子屋山〜高天原〜一の瀬〜焼額と一通り滑った

2日めは、熊の湯・横手山エリアに移動

2016-03-13 10.53.11.jpg 2016-03-13 11.00.13.jpg

コンディションは、やはりあまり良くない(固い雪の表面に小石大のブロックが所々にあり、場所によってはアイスバーン)
翔は、かなり滑りにくかった様で、ぐだぐだの滑りだった



午前中いっぱい滑って、帰り道に「善光寺」「川中島古戦場」に寄り道して帰宅(関越が事故渋滞で、藤岡から下道を走って、9時過ぎに到着となった




posted by I.K.D. at 22:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

久しぶりの動画撮影

久しぶりの動画撮影
代わり映えしない滑りだな…

posted by I.K.D. at 21:42| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

八ヶ岳(天狗岳)日帰り登山

夏休みなので、日帰り登山を計画
今回は、八ヶ岳(天狗岳 2646m)翔とママは、始めての2500mを超える高山体験
唐沢鉱泉から入山して、西天狗〜東天狗〜黒百合平を経由、入山口の唐沢鉱泉に戻るコースを選択。予定コースタイム5時間30分程を予定していたが…

[ここに地図が表示されます]

いつもの通り、早朝(4:00)に東京を出発。入山口の唐沢鉱泉には6:15頃に到着
駐車場には、4台程駐車している
150810_000.JPG

登山開始:6:43
登り始めは、こんな感じ… 樹林帯をまずは稜線上に向かう
150810_001.JPG

登り始めて1時間程で稜線に到着
ここから第一展望台までは、急登で結構きつい… 樹林帯の中なので、展望は全くなし
45分で、第一展望台到着、一気に展望が開ける
八ヶ岳南部(赤岳・横岳・硫黄岳)と南アルプス北部(北岳・甲斐駒・鳳凰)が見える
目指す西天狗は、まだ遠い…
150810_003.JPG 150810_004.JPG 150810_005.JPG

西天狗頂上直下、前半最大の登りが待っていた! 
150810_007.JPG

西天狗岳(2646m)到着 結構平凡な山頂だな…
第一展望台より1時間10分掛かった。大休止は黒百合平で取ることにして、東天狗に向けて出発
150810_008.JPG 150810_009.JPG

東天狗山頂からの西天狗(西天狗から20分)
150810_010.JPG

通常ここからは下山ムードなのだが、今回の登山は違ってた!
東天狗の山頂から、黒百合平までのルートは大きな岩の上を渡り歩くような下山路。足元は不安定だし、結構な急斜面を下るため膝に負担が掛かる。思ったより時間も掛かりコースタイム上は1時間のところ、1時間30分掛かって黒百合平に到着
思えば、ここが今回登山で一番きついところだった
150810_012.JPG

大休止後、入山口の唐沢鉱泉に向けて出発
樹林帯の中の大岩を縫っての歩行だが、これが濡れていて滑る滑る! 何度も転倒しそうになりながらも、唐沢鉱泉まであと40分程度のところまで降りてきた
ここに、立派なベニテングダケを発見。図鑑で見るような綺麗な状態だったので、思わず撮影
150810_015.JPG 150810_013.JPG 150810_014.JPG

14:50 唐沢鉱泉に下山
これは、唐沢鉱泉の源泉
150810_016.JPG

いや〜思ったよりキツかったわ… 地図のコースタイムでの判断より1.5倍はきつい!
入山から下山まで約8時間の行程は、今までの家族登山中最長の行動時間となった。
posted by I.K.D. at 15:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Mountain Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

GW 日帰り登山

せっかくのGWなので、日帰り登山
とは言うものの、アプローチでの渋滞や、混雑した山はイヤなので「黒川鶏冠山」を計画

[ここに地図が表示されます]

この山、人気の大菩薩山域にありながら、とっても地味…
ここなら、GW中でも静かな山歩きが期待できる(はず)

自宅を4:30に出発、柳沢峠の駐車場には6:50に到着した
さすがに駐車場も空いていると思いきや、すでに満車に近い状態、ここから大菩薩方面や奥秩父主脈に入っている登山者がかなりいるということか?
7:10出発、青梅街道を渡った階段が登山口だ、笹の下生えの林の中ほとんど登りが無い平坦な登山路が続く
約1時間で六本木峠、その先も同様な平坦な道が続く
横手山峠からは、若干登りがきつくなるが大したことはなく、ほとんど汗もかかないで、9:30に黒川山(見晴台)に到着
ここからの展望は素晴らしいの一言、ほぼ 360°の展望が欲しいままだ!

2015-05-03 09.31.10.jpg 2015-05-03 09.31.22.jpg P5030081.JPG
左から:南アルプス・富士と大菩薩嶺・雲海上の富士

2015-05-03 09.32.32.jpg P5030083.JPG
左から:奥秩父主脈・360°のパノラマ!

鶏冠山に向かうと今までの平坦な道とは一転、岩混じりの木の根が露出した悪路に…
それでも、10分程で今日の目的地「鶏冠山(1716m)」に到着
ここには小さな祠があり、先ほどの見晴台ほどでは無いにしても、結構展望も良い

P5030093.JPG 2015-05-03 10.00.48.jpg 2015-05-03 10.01.44.jpg
2015-05-03 10.02.46.jpg 山頂直下の岩場(古い残置ピトンあり)

10分程山頂に居たあと、往路を黒川山のコルまで戻り、そこで大休止
しかし、静かな山だ… ここまでに出会ったパーティーはわずか3組、GW中とは思えない静かさを満喫する

11:10 黒川山のコルを出発
復路は黒川山の北斜面を捲く道を下山するが、この道、往路に取った道と比較すると悪い
結局、往路を戻るより時間が掛かってしまった
横手山峠からは、往路と同じ道を戻り、13:05に柳沢峠に下山した

2015-05-03 12.43.36.jpg
途中、たくさん生えていたハシリドコロ(猛毒なので、間違えて食べないように…)

<コースタイム>
柳沢峠 (1:00) 六本木峠(1:30) 黒川山見晴台 (0:15) 鶏冠山 (0:10) 黒川山のコル (0:40) 横手山峠
(1:20) 柳沢峠

posted by I.K.D. at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Mountain Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

ウィールのコアがぁ!

まだ、たいして使っていない「FOX」のウィール
突然、左の1番ウィールのコアが抜けた!!
コアのアンカーが全て割れてしまっている

KIMG0020.JPG KIMG0019.JPG

普通に滑ってただけで、特に衝撃を掛けた覚えは無いんだけど・・・
さすが、値段だけの事はある?

手持ちの中古ウィールを探して見るが、適当なサイズがない
しかたないので、2・3番に新品のSEBA 76mmを付けたが、超ロッカリング状態になってしまった
すべれるか? これで・・・

posted by I.K.D. at 16:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八ヶ岳(天狗岳)登山の予定だったんだけどね・・・

8/10・11で、北八ヶ岳(天狗岳)の登山を計画していたが、台風11号の影響で断念
そこで、11日に計画変更して、湯の丸・高峰高原の「籠ノ登山」に向かったが・・・


池ノ平の駐車場に到着すると、一面のガスで、時折雨も強く降っている状況
しばらく様子を見ていたが、好転する気配がないので、仕方なくすぐそばの「池ノ平湿原」の散策に再び変更
雨具をつけて、綺麗に整備された歩道を20分程歩くと、「池ノ平」湿原に到着
高山植物は、すでに大半が終わっていたが、結構種類は多そうで、シーズンには手軽に楽しめそうな湿原だ

KIMG0012.JPG KIMG0013.JPG KIMG0015.JPG

時折、強くなる雨の中、30分程で湿原を一周して、駐車場に戻ろうとすると・・・
10人程のオバサンの集団が、登山道いっぱいに広がって立ち止まり、何やら大声で話をしている
どうやら、この雨の中、先に進むかどうかを相談している様だ
登山者の通行を妨げる程、登山道に広がって立ち止まる事自体、山のルールでは「非常識」だが、更に驚くべきことに、そのパーティーの中の一人が「私は先に行く」と言って、パーティーを離れ、単独で行動を始めたではないか!
余程の事がない限り、パーティーを分けて行動してはいけない(たとえ、簡単な山でも)しかも、天気は悪いのだ・・・
自分自身、パーティーを分けたことで、危うく遭難しかけた経験がある
この場所での事故は考えにくいが、ここでこう言う行動を取っていると言うことは、他の山域でも同様の行動を取っていると言うことで、近い将来事故を起こす可能性が非常に高い
少なくても、基本的な山のルール程度は勉強してから(本を読んだり、先達に教えて貰ったり出来るのだから)山に入るべきではないかと思う

結局、最後まで雨は上がらず下山、下は猛暑だった・・・

posted by I.K.D. at 15:55| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Mountain Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする