2015年08月11日

八ヶ岳(天狗岳)日帰り登山

夏休みなので、日帰り登山を計画
今回は、八ヶ岳(天狗岳 2646m)翔とママは、始めての2500mを超える高山体験
唐沢鉱泉から入山して、西天狗〜東天狗〜黒百合平を経由、入山口の唐沢鉱泉に戻るコースを選択。予定コースタイム5時間30分程を予定していたが…

[ここに地図が表示されます]

いつもの通り、早朝(4:00)に東京を出発。入山口の唐沢鉱泉には6:15頃に到着
駐車場には、4台程駐車している
150810_000.JPG

登山開始:6:43
登り始めは、こんな感じ… 樹林帯をまずは稜線上に向かう
150810_001.JPG

登り始めて1時間程で稜線に到着
ここから第一展望台までは、急登で結構きつい… 樹林帯の中なので、展望は全くなし
45分で、第一展望台到着、一気に展望が開ける
八ヶ岳南部(赤岳・横岳・硫黄岳)と南アルプス北部(北岳・甲斐駒・鳳凰)が見える
目指す西天狗は、まだ遠い…
150810_003.JPG 150810_004.JPG 150810_005.JPG

西天狗頂上直下、前半最大の登りが待っていた! 
150810_007.JPG

西天狗岳(2646m)到着 結構平凡な山頂だな…
第一展望台より1時間10分掛かった。大休止は黒百合平で取ることにして、東天狗に向けて出発
150810_008.JPG 150810_009.JPG

東天狗山頂からの西天狗(西天狗から20分)
150810_010.JPG

通常ここからは下山ムードなのだが、今回の登山は違ってた!
東天狗の山頂から、黒百合平までのルートは大きな岩の上を渡り歩くような下山路。足元は不安定だし、結構な急斜面を下るため膝に負担が掛かる。思ったより時間も掛かりコースタイム上は1時間のところ、1時間30分掛かって黒百合平に到着
思えば、ここが今回登山で一番きついところだった
150810_012.JPG

大休止後、入山口の唐沢鉱泉に向けて出発
樹林帯の中の大岩を縫っての歩行だが、これが濡れていて滑る滑る! 何度も転倒しそうになりながらも、唐沢鉱泉まであと40分程度のところまで降りてきた
ここに、立派なベニテングダケを発見。図鑑で見るような綺麗な状態だったので、思わず撮影
150810_015.JPG 150810_013.JPG 150810_014.JPG

14:50 唐沢鉱泉に下山
これは、唐沢鉱泉の源泉
150810_016.JPG

いや〜思ったよりキツかったわ… 地図のコースタイムでの判断より1.5倍はきつい!
入山から下山まで約8時間の行程は、今までの家族登山中最長の行動時間となった。
posted by I.K.D. at 15:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Mountain Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする