2017年02月19日

10年前のSkiとBootsはさすがにガタが来たので、モデル落ちだけど新調した!

10年使っていたSkiとBoots(Ski:Dynaster Cross64 Boots:Lange Banshee ZC) さすがにガタが来て今シーズン新調(Ski:Dynaster CR70 DEMO Boots:Lange RS90 S.C どっちもモデル落ちだけど…)

新調したとはいえ、どちらもモデル落ち… 今更インプレッションではないけど、今まで使っていた物との差を整理してみた

Ski:Dynastar CR70 DEMO 165cm / Dynastar:Cross64 157cm

IMG_20161010_200150 (2).jpg

長さ:若干短く感じていたので、標準的な165pを選択した
Radius:13m Cross64の11mから13mと、若干半径が大きくなったが、滑走時の差はあまり感じない
エッジ感覚:Cross64は、ロッカーしてないRacingシェイプを持ったSki、角付けするとトップからエッジが食い込んでそのままテールに抜ける。グリップは抜群で、高速で深回りするとエッジがズレないので、膝が負けてしまいそうになった。
CR70 DEMOは、Demoモデルの2nd モデルといった位置づけ、トップロッカーで角付けを意識しなくても、トップが回り込んでくるが、グリップしながらというよりは、トップがズレながら回ってくるといった感じ。
踏み込んだ時の加速感はCross64の方が感じられる。
レスポンス:どちらもショートターン向きだが、レスポンスのタイミングはCR70の方が速く、よりショートターン向き(Cross64は意識して角付けしないと板が戻ってこない)
長さの差・R‐差はほとんど感じられないが、より力を使わないでEasyにショートターンをできる感覚を持たせてくれる(CR70 DEMO)

Boots:Lange RS90 S.C / Lange Banshee ZC

IMG_20170218_165223 (2).jpg IMG_20170218_165242 (2).jpg

・あまり固いBootsは悪雪斜面での対応幅が狭くなるので、柔らかめのBootsを選んでいる。RS90はネーミングの通り、フレックスインデックス90のBootsで、Banshee ZCより若干固い感じがする(フレックスインデックス80位が自分にはちょうど良いかも…)
インナーは、Bansheeに使っていたSidasのフォーミングインナーをそのまま使う(インソールもSidasそのまま)
若干バックにスペースが空くので、スポイラーで調節した。
Langeなので足入れは最悪、けどフィット感・レスポンスは良く、しばらくはこのメーカーのBoots以外は履けない
・Bansheeとはラストがだいぶ違って、つま先部分に若干ルーズ感があるが、ホールドが悪い訳ではないので、特に問題なし!
・デフォルトのインナーは柔らかめで、シーズンを重ねるとヘタリそう。
フォーミングインナーとの組み合わせ等で、自分流にチューニングするのが良いようだ。

板はこの10年でだいぶ変わったね〜 競技用でもロッカーが当たり前になってきてるし、長さも一時期よりは、長めの設定になっているようだ(自分は、どうもロッカーの感覚はあまり好きになりないかも… やっぱり最初から最後までビシッとエッジが効いた板の方が乗ってて気持ち良いと思ってしまう…(体力がついて来なくなって来たけどね〜)
posted by I.K.D. at 01:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする