2008年08月14日

南アルプス山行記録(アサヨ峰)

今回は「夏休み特別編」で、sk8ネタ以外で(結構長文)・・・

元々、登山は学生時代から続けているが、社会人になり子供も出来るとなかなか泊まりの長期山行には行けない

そこで、「夜行日帰りお手軽南アルプス山行」を計画した
南アルプスは、通いなれた山域であるが、早川尾根にある「アサヨ峰:標高 2799m」は、行ききれていない山だった

今回の計画は
仙流荘(戸台)→ 北沢峠 → 栗沢山(栗沢の頭)→ アサヨ峰 → 栗沢山 → 仙水峠 → 北沢峠 → 仙流荘(戸台)
(ちなみに、このBlogの冒頭の写真は今回訪れた山域で、今回登った山も写ってる)

出発 8/13 AM0:00
中央高速 諏訪IC経由で、伊那市・長谷の仙流荘へ向かうが、途中小淵沢を過ぎた辺りで大雨が降ってくる
このままでは、とても登山どころではないが、とりあえず仙流荘に行ってみて様子を観ることにする
道の駅 南アルプスむら 長谷で小休止をしている間に、雨は小降りになってきて、西の空も若干明るくなってきた
AM5:00 仙流荘到着 ここで山支度になって、南アルプス林道バスに乗り換えて、北沢峠に向かう

仙流荘前 南アルプス林道バスターミナル出発 AM5:50
盆休み中でもあり、マイクロバス3台で出発
暫くは、ガスの中を進むが、歌宿の近付く辺りでガスの上に出て、鋸岳(標高:2685m)や甲斐駒ケ岳(標高:2967m)がきれいに見えてきて、いやがうえにも登山への期待感が高まる
AM6:50 北沢峠(標高:2030m)到着

北沢峠出発 AM6:50
雨上がりのひんやりした空気の中、登山開始
北沢長衛小屋の前を通り、北沢を渡って、栗沢山(標高:2714m)へダイレクトに登るルートに入る(長衛小屋が「駒仙山荘」に名前が変わっていた・・・)
暫くは、樹林の中を登っていくが、涼しく非常に快適!
良いピッチで登り、殆ど汗もかかないまま、標高2306mの独標付近で一休み

IMG_0893s.JPG
いかにも南アルプスらしい樹林帯が、好ましい

ここからは、風の抜ける尾根上を登る
若干傾斜が増してくるが、仙丈や甲斐駒が見え隠れして、相変わらず気持ちの良い登りが続く
登り始めて1時間30程で森林限界を超え、高山帯に入り、遮る物の無くなった、甲斐駒・仙丈が目に飛び込んでくる
景色を楽しんでいる内に、栗沢山(栗沢の頭 標高:2714m)に到着
なんと言っても、甲斐駒・仙丈がすばらしい!
北岳も見えるが、若干東側にガスが掛かってる、これから向かうアサヨ峰も良く見える
ここで、今日始めて他の登山者に出会う(なんて静かな山だろう・・・)

IMG_0900s.JPG
栗沢山(栗沢の頭)山頂

IMG_0898s.JPG IMG_0896s.JPG
左・・・甲斐駒ケ岳(標高:2967m) 右・・・仙丈岳(標高:3033m)

IMG_0897s.JPG
これから向かう アサヨ峰(標高:2799m)

栗沢山(栗沢の頭)出発 AM9:10
今日の目的である、アサヨ峰へ出発
すぐ近くに見えるが、大きな岩を巻きながらの小さなアップダウンが続き、思いのほか時間が掛かる
雄大な景色を堪能しながらの行程だった
AM9:55 アサヨ峰(標高:2799m)到着、ほぼコースタイム通りだ

IMG_0907s.JPG IMG_0910s.JPG
左・・・アサヨ峰山頂(標高:2799m) 右・・・栗沢山方面を望む

アサヨ峰→仙水峠経由で下山開始 AM10:25
アサヨ峰で大休止の後、栗沢山まで戻り仙水峠(標高:2264m)へ向かう
往路より若干短い時間(約40分)で栗沢山、そこから仙水峠へはかなりの急斜面をガンガン下り、AM11:50 仙水峠到着
途中、高山植物の写真を何枚か撮影したが、思いのほか種類は少ない

IMG_0906s.JPG IMG_0911s.JPG
左・・・ミヤマダイコンソウ 右・・・ミヤマアキノキリンソウ

IMG_0912s.JPG
トウヤクリンドウ

仙水峠から北沢峠 AM11:55
北沢峠発PM3:00のバスに間に合えばOKと思っていたが、思いのほか順調に行動できた為か、急げばPM1:00のバスに間に合いそうだ・・・
仙水峠のゴーロ状の斜面を飛ばし、仙水小屋でも止まらず一気に北沢長衛小屋(駒仙山荘)まで下る
北沢長衛小屋着 PM12:40 コースタイム上は、1時間の所を45分で下った事になる
林道を5分程戻り、北沢峠にPM12:45に到着した

IMG_0913s.JPG IMG_0914s.JPG
左・・・仙水峠  右・・・長衛小屋前のヤナギラン

北沢峠 南アルプス林道バス停出発 PM1:00
再び南アルプス林道バスで、仙流荘前 バスターミナルへ向かう
午後になっても天候は安定しており、鋸岳が良く見える
山行の最後に、こんな珍しい見送りも・・・

IMG_0915s.JPG
ニホンカモシカの見送りを受けた

カモシカは遠くからはよく目にする動物だが、こんな至近距離(約5m)でお目に掛かったのは始めて、全く人を恐れる気配が無い
PM1:50 仙流荘前 バスターミナルに到着
振り返れば、朝はガスで見えなかった鋸岳が見送ってくれていた・・・

コースタイム(休憩時間含まず) 山行日:2008年8月13日
北沢峠 (2時間00分)→ 栗沢山 (45分)→ アサヨ峰 (40分)→ 栗沢山 (45分)→ 仙水峠 (50分)→ 北沢峠

行程も6時間程度と、日帰り登山としては手ごろな時間でアルプスの高山を満喫できる
なんと言っても、北沢峠までバスが入るのが最大のメリットだ!
今回のアサヨ峰の他、甲斐駒ヶ岳の往復で約7.5時間、仙丈岳も往復約7時間と、3000m級の高山も日帰り可能にしている
    
posted by I.K.D. at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Mountain Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック