2010年02月22日

20年前のスキー映像

ビデオの整理をしていたら、20年ほど前に撮ったスキーの映像が出てきた
場所は、志賀高原(サンバレー、丸池)と一部、石打丸山



いや〜 ギアも滑りも隔世の感が在りますな!
この頃は…

板のサイズは、200cm(当然ノーマルスキー)
ウエアは、白基調のデモパン
ぴったり脚を揃えたウェーデルン!!(死語)
映画は「ホイチョイ」の「私をスキーに連れてって」がヒットして、空前のスキーブーム、リフト待ち30分は当たり前(最後の石打なんかは、人の間をスラローム状態だもの…)

と言う時代でした…

今は、こんなスキッドしたターンなんか、したくても出来ない

posted by I.K.D. at 20:09| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお!
ウェーデルンが死語なんて・・・・

あっしも、こういう滑りっした。
私スキも良かったんっすが
その後の混み具合には閉口したっす(^_^;)

Posted by ゆずあ at 2010年02月24日 20:44
ゆずあさん

>ウェーデルンが死語なんて・・・・
そう! 最近は(カービング)ショートターンって言うんです〜
Posted by I.K.D. at 2010年02月24日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141952902
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック