2010年12月31日

年末SKI行(初滑り)

30・31日は、年末スキーで志賀高原
今年は、「寒い冬」の予想の割に積雪が遅く、志賀高原もクリスマスまでは殆ど雪が無く、やきもきさせられたが、クリスマス寒波で何とか滑れる状態にはなった
早朝3:30!に出発したおかげで、渋滞もなく順調に走り、7:30には高天原スキー場に到着
道路も圧雪路面で、スタッドレスだけで問題なく走れた

天気予報では「年末寒波」で大荒れの予想だったが、曇りで時折薄日も射す、まずまずの天候
さっそく支度をして、8:30のリフト運転と同時にゲレンデへ、Go!

翔は「自分はスキーが少し上手い」と若干思い上がっている節があり、今回も最初は「雑な」滑りをして転倒を連発していたので、「雑な滑りをするな!」と一喝する
叱られて少しヘコんでいたが、何本か滑る内に段々調子が出てきた様だ…
高天原で何本か滑った後、一の瀬へ移動、ここで、翔の幼稚園時代の友達(女の子)と合流(翔より全然上手い!)して、焼額山へ向かう

第2ゴンドラで、山頂へ行こうと思って、ゴンドラ乗り場まで降りると…
なんと、第2ゴンドラが「強風」で運休 (っていうか「強風」吹いてないし、他のスキー場のリフト・ゴンドラは全て運転してるのに…)
影響で隣のペアリフトに人が集中しており、何とリフト待ち「30分」
おかげで、「80年代」のスキー場の雰囲気を思い出した(当時は、リフト待ち30分が当たり前の時代だったっけ…)
しかし、ここに限らず「西○系」スキー場は、顧客不在の対応が目につく、今日のゴンドラ運休も本当に「強風」?って疑いたくなる…
このゴンドラを運休すれば、隣のリフトに人が集中して収拾が付かなくなることは、素人にも予想できる事態であるのに、それに対するケアがされない所が×
スキー場自体は面白いのに、もったいないね〜

焼額山に早々に見切りを付けて、一の瀬・高天原方面に戻って、高天原から東館山スキー場に滑り込む
ここで、翔が大転倒! スキー板・ストック全て飛ばして、後方一回転!!(雪が柔らかいので怪我はしないけど…)
4時頃迄滑って、今日(30日)は終了…

TS3M0161.jpg

31日、今日も天気は悪くない
朝一でゲレンデへ出て、高天原・東館山・ブナ平・西館山と午前中一杯滑る
天気も良く、ゲレンデコンディションも最高で、昨日以上に楽しく滑れた

TS3M0163.jpg TS3M0165.jpg

丁度、止める時間になって、雪が降り始めた…

帰りの道路も順調で、渋滞もなく16:00前には、家に到着
充分満足できたスキー行だった
 
posted by I.K.D. at 20:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック