2011年11月06日

伊豆ヶ岳ハイキング

久しぶりのファミリーハイキング
今回は、奥武蔵の「伊豆ヶ岳」

この山は、「奥武蔵」の入門コースながら、低山にしては展望が良いのと、頂上直下の
鎖場が特徴だ(鎖場は落石事故があってから、基本的には通行を推薦していない様…)
自分自身、30年ぶり?の山だ

course_izu.jpg

6:40 正丸駅到着
登山の原則は「早立ち・早着き」これは、低山でも変わらない
早朝に家を出て正丸駅の駐車場に車を駐めるも、料金を払う売店がまだ営業しておらず、駐車料金は下山してから払うことにする

7:00 登山開始
西武線のガードをくぐり、車道を大蔵山集落方面へ、30分弱で正丸峠方面との分岐(馬頭尊)

img_0474.jpg

沢沿いを伊豆が岳方面に進み、亀岩分岐を右に沢の左岸の尾根に取り付く
亀岩を経て、分岐から40分程で、伊豆ヶ岳ー正丸峠の尾根筋に出る

しばらくは、アップダウンの少ない快適な尾根道が続き、ベンチのある小ピーク(五輪山)を越えると、いよいよ山頂直下の鎖場に着く

岩場の様子を見るが、鎖の掛かっているフェースには特に浮き石は見当たらない(当然、端にはある)鎖の固定もしっかりしており、先行者も後続者も無いので、直登することにする
(ガイドブック等では推薦していないので、当然通行は自己判断で)
傾斜は、見た目ほど無く、しっかり立って居れば鎖が無くても登れそう
とは言うものの、若干岩が濡れ気味なのと、高度感はあるので、鎖を持ちながら登る

img_0478.jpg

登りきった先の大岩を右から捲けば、程なく「伊豆ヶ岳」の山頂に到着(8:45)
先行者2名、早い時間なので、人気の山とは思えないほど静かな山頂だ

img_0482.jpg

武川岳方面の展望があるが、思ったより見晴らしは良くないので、戻って鎖場直後の大岩の上で大休止(見晴らし良好!)

img_0486.jpg img_0485.jpg

9:40 下山開始
下りは鎖場を通過せず、捲道(女坂)を正丸峠に向かって下る
途中、続々とハイカーとすれ違う(山頂は混雑してるだろうな… 早立ちの効果があったな)
快適だが、平凡な尾根道を下ると、正丸峠
ここでも団体ハイカーとすれ違う

img_0488.jpg

正丸峠からは、茶屋裏の斜面を急下降、程なく沢沿いに進む道になり、朝の分岐(馬頭尊)を経由して正丸駅に下山(11:20)

img_0494.jpg

途中の沢音 

帰りは、正丸峠を車で越えて、名栗方面へ、途中「さわらびの湯」で昼食と入浴・休憩をして帰途に着いた

コースタイム(休憩含み)
正丸駅→分岐(25分)→亀岩経由尾根上(50分)→伊豆ヶ岳(25分)→
正丸峠(50分)→正丸駅(50分)

休憩を含んでも、4時間強の行程で程よいハイキングだった(紅葉には、まだ早かったけど)

 
posted by I.K.D. at 20:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mountain Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック