2017年03月20日

Family ski in Yunomaru

このブログって、インラインsk8 のブログじゃなかったっけ?
最近、スキーと登山の記事ばっかり…

と、言うわけで今年4回目のスキーは「湯の丸スキー場」
去年は行かなかったので、2年ぶりだ
[ここに地図が表示されます]

3連休の初日なので、渋滞を避けるため、AM4:30に出発、何とか渋滞には巻き込まれずに7:30前に到着できた。
早朝の所為か、駐車場はガラガラだ。AM8:00に、第1ゲレンデから滑り始める。

gerendemap2016.jpg

標高が高い所為と、早い時間なので雪は結構固いがこの時期の雪質としては、文句の付けようが無いくらい上質だ。
ビデオを撮ったりしながら、1時間半程繰り返し滑る。陽が当たるに従って、段々雪が柔らかくなって来て、丁度いい感じになってきた。



今年新調の DYNASTER CR70 DEMO だが、まだ慣れないな…
トップの回転性が高いのだが、雪が固いとそれが顕著に出て、トップが不安定になり、回りすぎてエッジの抑えが効かなくなる。
少し柔らかい雪質の方が滑りやすい感じだ。

今度はゲレンデを変えて、第3・第4・第6ゲレンデで滑る。
何本か滑ったら疲れてきた「休もう」と言うと、ママと翔は「休まずに滑る」と言う。そんな元気はないので一人で休む…

それにしても空いている、リフト待ちも皆無だし連休中とは思えない。
しかもスキーヤーもボーダーも上級者ばかりなので、ゲレンデの真ん中で止まったり、急に進路を変えられたりしないので、自分の思い通りに快適に滑れる。
ハイシーズンは寒すぎて来る気がしないけど、春先は最高だね!

yunomaru011.png yunomaru012.png yunomaru007.png

午前中いっぱい滑って終了(この位がちょうどいいな…)

帰りは恒例のここと
http://tomi-kosya.com/yurari/

ここに寄ってから帰る。
http://raidenkurumi.jp/

渋滞なしで、5:30に東京に着いた。
posted by I.K.D. at 21:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

10年前のSkiとBootsはさすがにガタが来たので、モデル落ちだけど新調した!

10年使っていたSkiとBoots(Ski:Dynaster Cross64 Boots:Lange Banshee ZC) さすがにガタが来て今シーズン新調(Ski:Dynaster CR70 DEMO Boots:Lange RS90 S.C どっちもモデル落ちだけど…)

新調したとはいえ、どちらもモデル落ち… 今更インプレッションではないけど、今まで使っていた物との差を整理してみた

Ski:Dynastar CR70 DEMO 165cm / Dynastar:Cross64 157cm

IMG_20161010_200150 (2).jpg

長さ:若干短く感じていたので、標準的な165pを選択した
Radius:13m Cross64の11mから13mと、若干半径が大きくなったが、滑走時の差はあまり感じない
エッジ感覚:Cross64は、ロッカーしてないRacingシェイプを持ったSki、角付けするとトップからエッジが食い込んでそのままテールに抜ける。グリップは抜群で、高速で深回りするとエッジがズレないので、膝が負けてしまいそうになった。
CR70 DEMOは、Demoモデルの2nd モデルといった位置づけ、トップロッカーで角付けを意識しなくても、トップが回り込んでくるが、グリップしながらというよりは、トップがズレながら回ってくるといった感じ。
踏み込んだ時の加速感はCross64の方が感じられる。
レスポンス:どちらもショートターン向きだが、レスポンスのタイミングはCR70の方が速く、よりショートターン向き(Cross64は意識して角付けしないと板が戻ってこない)
長さの差・R‐差はほとんど感じられないが、より力を使わないでEasyにショートターンをできる感覚を持たせてくれる(CR70 DEMO)

Boots:Lange RS90 S.C / Lange Banshee ZC

IMG_20170218_165223 (2).jpg IMG_20170218_165242 (2).jpg

・あまり固いBootsは悪雪斜面での対応幅が狭くなるので、柔らかめのBootsを選んでいる。RS90はネーミングの通り、フレックスインデックス90のBootsで、Banshee ZCより若干固い感じがする(フレックスインデックス80位が自分にはちょうど良いかも…)
インナーは、Bansheeに使っていたSidasのフォーミングインナーをそのまま使う(インソールもSidasそのまま)
若干バックにスペースが空くので、スポイラーで調節した。
Langeなので足入れは最悪、けどフィット感・レスポンスは良く、しばらくはこのメーカーのBoots以外は履けない
・Bansheeとはラストがだいぶ違って、つま先部分に若干ルーズ感があるが、ホールドが悪い訳ではないので、特に問題なし!
・デフォルトのインナーは柔らかめで、シーズンを重ねるとヘタリそう。
フォーミングインナーとの組み合わせ等で、自分流にチューニングするのが良いようだ。

板はこの10年でだいぶ変わったね〜 競技用でもロッカーが当たり前になってきてるし、長さも一時期よりは、長めの設定になっているようだ(自分は、どうもロッカーの感覚はあまり好きになりないかも… やっぱり最初から最後までビシッとエッジが効いた板の方が乗ってて気持ち良いと思ってしまう…(体力がついて来なくなって来たけどね〜)
posted by I.K.D. at 01:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

Family ski in Shiga Kogen

志賀高原に泊まりでSKI
温泉にも入りたかったので、今回は発哺温泉の一番奥「志賀スイスイン」に1泊した

2016-03-13 08.02.34.jpg 2016-03-12 08.06.06.jpg

今年の少雪は、志賀も例外ではなく西舘山スキー場はフーディーリフト沿いの上部メインゲレンデが滑れない状況
雪が付いている場所でも一部アイスバーンだったり、ブッシュが出ていたりと良くない
それでも1日めは、西舘山〜ブナ平〜東舘山〜寺子屋山〜高天原〜一の瀬〜焼額と一通り滑った

2日めは、熊の湯・横手山エリアに移動

2016-03-13 10.53.11.jpg 2016-03-13 11.00.13.jpg

コンディションは、やはりあまり良くない(固い雪の表面に小石大のブロックが所々にあり、場所によってはアイスバーン)
翔は、かなり滑りにくかった様で、ぐだぐだの滑りだった



午前中いっぱい滑って、帰り道に「善光寺」「川中島古戦場」に寄り道して帰宅(関越が事故渋滞で、藤岡から下道を走って、9時過ぎに到着となった




posted by I.K.D. at 22:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

2014シーズン初滑り

2014シーズンの初すべりは、「石打丸山」(去年も丸山だったな…)
天気は、良さそうな日を狙って行ったので、上々!
積雪も十分


http://youtu.be/vtnJbbnBFgM

初滑りの割には、調子良い…
今年は、”タテにキレたショートターン”が目標

たっぷり滑って、帰りはいつものここ↓
http://www.mantenboshinoyu.com/

30日の上りなのに、高速は渋滞… 結局、赤城まで一般道を走るハメになった
 
posted by I.K.D. at 21:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

石打丸山(家族SKI)

今シーズン4回目のSKIは、石打丸山
1月に行った際に応募した抽選で、翔が無料一日券をGETしたので
雪が悪いのは覚悟の上で出掛けた

TS3M0256.jpg TS3M0257.jpg TS3M0259.jpg

前に日に雨が降っており更に晴れて気温が高く、雪のコンディションは、かなり悪い…
ぐさぐさの腐った雪で、体重を掛けてもエッジが掛からない+滑っていて前につんのめる様にブレーキが掛かる
最近はは雪質の良いスキー場に行く機会が多かったので、今日の雪はことさら悪く感じた(3月の上越じゃ、しょうがないって言えばそれまで…)

PM1:00過ぎまで滑ったけど、普段の倍は体力を使った感じ

帰りは月夜野まで下道を走って「まんてん星の湯」に立ち寄り、PM7:00過ぎには帰京
posted by I.K.D. at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

再びエコーバレーに

今年3度目のスキーは、再びエコーバレー

guide_map.jpg

前回、荒天で上部エリアはクローズしていたが、今日はご覧の様に "ピーカン"
TS3M0251.jpg TS3M0252.jpg

早速、行けなかった上部エリアに GO !
正面に、八ヶ岳・浅間山・湯の丸山が良く見える
TS3M0253.jpg TS3M0254.jpg

標高が高いため、雪質は最高(但し、かなり寒い…)
どのコースも出だしは少し急だが、滑るに従って斜度が緩くなるコブのない一枚バーン主体の
レイアウト 翔でも、全てのコースを滑れる
シーズンで一番混む(であろう)2月の連休だが、ゲレンデは程よい人出で、リフト待ちも
ほとんど無し(麓のペンションは、収入が減っていて、大変な様だが)

珍しく、午後まで滑走したが雪質はほとんど変わらず、午後になってもキュッキュッと鳴る
Video撮影もして、8:00〜14:00過ぎまでたっぷり滑った



帰りは、ここに依ってから上信越道経由で帰京となった
  
posted by I.K.D. at 21:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

シーズン2度目のSKI(エコーバレー)

今日は、今シーズン2度目のSKI

今年一番の寒気来襲との事で、比較的晴天率の高いエコーバレーに行ってみた
が… さしもの白樺湖周辺でも、朝から結構激しい雪降り
しかも、ガスと降雪の為の視界不良で、上部リフトが動いていない…
それでも、動いているリフトで、午前中一杯滑った

TS3M0247.jpg
動いてるのは、下部リフトだけ…

コンディションは悪かったものの、雪質は最高! 
締まった斜面の上に、15cm程新雪が積もった状態で、気持ち良くカービングが決まる

TS3M0248.jpg TS3M0249.jpg
左:今シーズンからNewSKI(どや顔) 右:昼近くになって、少し降りが収まってきた

コンディションの良い時にもう一度来よう〜

帰りは、ここの日帰り温泉に寄ってから、帰京
 
posted by I.K.D. at 20:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

日帰りSKI(越後湯沢)

本日は、湯沢方面にSKI
天気予報では「雪」予報だったけど、天気図から判断して「降らない」と読んで出発
読みは的中! 朝から快晴だ〜

写真 左:ゲレンデ中腹からの展望  写真 右:仙ノ倉 平標方面も快晴
TS3M0243.jpg TS3M0242.jpg

「石打丸山」に駐車して、滑り始める(当然朝一 8:00スタート)
う〜ん 元旦とは思えないほど空いている…こんなんで良いのか?
スキー場の先行きが少し心配

写真:誰も滑っていないゲレンデを独占
TS3M0239.jpg TS3M0240.jpg

2時間程、ノンストップで滑り、「GALA湯沢」に移動
こっちも、以前からは考えられない程空いてる

写真:「湯沢高原」に向かうロープウェー 翔、ちょっと疲れ気味
TS3M0245.jpg

その後、「湯沢高原」にチョコッとだけ足を延ばして、石打丸山に戻る
一日中天気だったので、結構雪が緩んで重くなって来た、14:00に撤収

次は、もうちょっと雪の良いところに行くか…
 
posted by I.K.D. at 21:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

湯の丸で春スキー

今シーズン4回目のSKI行は、湯の丸スキー場へ
3月に入ってからは、土曜日の天気が毎週の様に悪く、結局今シーズンは1回も上越方面には行けず終い
多分これが今シーズン最後のSKI行だ…

天気は上々、雪質も3月終盤としては良い方(かなり固く締まった状態)だった
リフト運転開始と同時に滑走開始
このスキー場、第1リフトの運転開始は7:30だが、リフト券の販売開始時間が8:00から
7:30〜8:00までの30分は、なんと「無料」でリフトが利用できた(この日だけかもしれないが)

固く締まった雪質なので、スピードが出る出る! 翔もバンバン飛ばして滑っていて、追い付けないほど…

第1ゲレンデで暫く滑った後、メインゲレンデに移動して滑走
自分は、苦手なロング〜ミドルターンを主体に滑った
う〜ん… どうも体全体を上手く倒し込めていないな… 
昔の滑りが抜けていない感じで、腰からアンギュレーション(死語!)になってる



翔を後ろから追っかけて撮影するが、翔のスピードが早すぎて、フレームに入りきらない〜

それにしても、ここは、ボーダーも含めてみんな上手いね〜
ボーダーでも、上手い人は総じてマナーも理解していて、ゲレンデの真ん中でへたり込む事はしない
それだけに、ゲレンデの真ん中で座り込んでいると、目立ってかっこ悪い状況に…
翔をほったらかしで滑っていても、全く危険な感じがしない

1時まで、たっぷり滑って撤収
帰りは、恒例の「湯楽里館」で日帰り入浴

早めに帰路に就いたものの、さすがに飛び石連休の最終日、東松山付近から渋滞にハマる
いつもより、1時間程、余計に掛かってしまった…
 
posted by I.K.D. at 21:28| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

白樺湖ロイヤルヒルでSKI

今シーズン3度目のSKI行は、「白樺湖ロイヤルヒル」
今度こそは、「上越」方面に行きたがったが、今週末も「大雪」予報のため、またもや白樺湖方面

gelande_map.jpg TS3M0224.jpg

晴天を期待して行ったものの、天候は「雪」 標高が高いSKI場のため、めちゃくちゃ寒い〜
(でも、雪質は最高!)
ゲレンデの規模は、リフト3本とコンパクトながら、ちょうど良い中斜面で滑りやすい
最初は下のゲレンデで滑走、ゲレンデサイドに「なんちゃってキッカー」があったので、翔に跳ばせてみると、なんとか跳べてる

上のゲレンデに移動した頃から、少し陽が出てきて、良い感じになってきた(寒さが少しマシになってきた)
翔の滑りも絶好調、スピードも出してSKIが切れてきてる

ゲレンデの横に、大きめの「4mキッカー」があったので、翔と入ってみる
1本目(翔)は無難に跳んだので、2本目をVideoに撮影
が… ハプニングが待っていた!!(動画の最後を参照)



12:30迄滑って、撤収
帰りは、いつもの通り日帰り温泉に立ち寄り
街道沿いの施設だったので、混雑してたら他に廻ろうと思っていたが空いてそうだったので、ここ(音無の湯)に寄る
露天もあり、なかなか

帰りは、時間も早いので空いていた高速で、ストレスなく走って、帰京

 
posted by I.K.D. at 14:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

「ブランシュたかやま」でSKI

今週末は、SKIへ
予定では、上越方面を考えていたが、間違いなく「雪」なので、天候の期待出来る白樺湖方面へ

ブランシュたかやまは2回目、前は翔が2歳になる前だったっけ…

course_map.jpg

天候は小雪、時折陽が射すが止まずに降っている
それでも、ガスっている訳ではないので、コンディションは良好
標高の高いスキー場なので、雪質は申し分なし
特に、朝一のパウダー滑走は、シーズンにそう何度も味わえない気持ち良さだった

翔も雪質の良さに助けられてか、いつもより上手に滑っていた(生意気にショートターンなんかやってた)



そんなに大きなゲレンデではないので、日帰りで半日滑るには充分
12:30まで、がっつり滑って、帰りはいつもの通り温泉へ

武石温泉うつくしの湯

きれいな施設なのに、地元の利用しかない様で空いていて気持ち良い

帰りの中央高速は混んでいると考え、上信越道(東部湯の丸IC)で帰宅〜
 
posted by I.K.D. at 14:04| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

年末志賀高原SKI

年末の30日・31日で、恒例の志賀高原SKIに

クリスマス寒波の後も、他のスキー場より積雪が少なく心配したが、思った程ではなく年末の志賀高原としてはまずまずのコンディションだった

30日、朝は晴れていたが風が強くかなり寒い、翔の幼稚園の友達(女の子)と合流して滑る
上部(一の瀬・高天ヶ原)は寒かったので、下部(丸池・サンバレー)方面に移動
途中、賀高原でも有数の急斜面「ジャイアント」を滑ったが、問題なく滑る翔…
去年より、上達してる?



午後になると、雪が降ってきて、寒さに拍車がかかる
それでも、PM4:00迄たっぷり滑った

31日は、朝方は雪も降っていたが、その後は、日も射す天気になって、快適なコンディション
前日同様、翔の幼稚園の友達と合流して、一の瀬・焼額山方面に
午前中いっぱい滑走

今年特に感じたのは、志賀高原の衰退か…
昨年の丸池の老舗ホテルの廃業、今年もサンバレーのエプロンサイドの一等地にあったホテルが軒並み廃業しているし、志賀高原の看板だった「志賀高原ロープウエー」が休止していたりする
スキー人口(スノボ人口も含めて)の減少を受けての事だろうが、最盛期を知っている身からすると、一抹の寂しさも…(リフト待ちは勘弁だけどね)

帰りがけに、「わくわくの湯」に寄って、帰路に
道路も空いていて、ほぼ予定通りに帰宅できた

天気も・コンディションも、年末としては、まずまずのSKI行だった

 
posted by I.K.D. at 22:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

日帰りSKI 上越国際

今週土曜日(2月19日)は、今シーズン3回目のSKI行へ
場所は「上越国際スキー場」へ、日帰りの予定で出発

いつも通り、朝4:30に出発、関越自動車道は若干交通量は多いものの、順調に流れている
と、月夜野ICの直前で ”関越トンネル 事故のため進入禁止” の情報が…
まじかよ〜 仕方なく、月夜野ICで降りて、R17三国峠越え

それでも、月夜野ICから1時間15分程度で、目的地の「上越国際スキー場 大沢ゲレンデ」に到着
上越国際は、20数年ぶり、当時は当間ゲレンデが出来たばっかりの頃だったな
滑り初めこそは、曇り空で、小雪が舞う天気だったが、リフトを乗り継いで、当間ゲレンデの頂上に着く頃には、青空が広がる天気に

午前中は、当間ゲレンデで滑る
雪質は良いものの、ゲレンデが緩斜面すぎる… しかもリフトが遅くて長〜い!
なんか、リフトに乗っているばっかりで、全然滑って無い感じ・・・

TS3M0167.jpg TS3M0168.jpg TS3M0166.jpg

昼少し前に、大沢ゲレンデに戻って昼食、その後は「ホテルグリーンプラザ上越」方面」に移動したが、標高が低いのと晴天で気温が上がって雪が緩んでいて、あんまり面白くない(これだけ晴れた上越じゃ、しかたないけど・・・)

TS3M0169.jpg

今日の滑り↓(ママの撮ったパパの滑り・・・ なんじゃ こりゃ! まともに映って無いじゃん!)


2時前には上がって、大沢ゲレンデの駐車場から車で2分程度にある「大沢山温泉 高七城」で、日帰り温泉(立寄り\1000)
重厚な雪国の古民家といった風情の宿で、雰囲気が良い(温泉も良い!)
日帰り利用じゃもったいない、一度泊まってみたいと思わせる宿だった

天気は良かったものの、滑りの満足度では、いまいち感が残った今回のSKI行だった
次は、信越の標高の高いとこに行こう!!

posted by I.K.D. at 13:49| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

年末SKI行(初滑り)

30・31日は、年末スキーで志賀高原
今年は、「寒い冬」の予想の割に積雪が遅く、志賀高原もクリスマスまでは殆ど雪が無く、やきもきさせられたが、クリスマス寒波で何とか滑れる状態にはなった
早朝3:30!に出発したおかげで、渋滞もなく順調に走り、7:30には高天原スキー場に到着
道路も圧雪路面で、スタッドレスだけで問題なく走れた

天気予報では「年末寒波」で大荒れの予想だったが、曇りで時折薄日も射す、まずまずの天候
さっそく支度をして、8:30のリフト運転と同時にゲレンデへ、Go!

翔は「自分はスキーが少し上手い」と若干思い上がっている節があり、今回も最初は「雑な」滑りをして転倒を連発していたので、「雑な滑りをするな!」と一喝する
叱られて少しヘコんでいたが、何本か滑る内に段々調子が出てきた様だ…
高天原で何本か滑った後、一の瀬へ移動、ここで、翔の幼稚園時代の友達(女の子)と合流(翔より全然上手い!)して、焼額山へ向かう

第2ゴンドラで、山頂へ行こうと思って、ゴンドラ乗り場まで降りると…
なんと、第2ゴンドラが「強風」で運休 (っていうか「強風」吹いてないし、他のスキー場のリフト・ゴンドラは全て運転してるのに…)
影響で隣のペアリフトに人が集中しており、何とリフト待ち「30分」
おかげで、「80年代」のスキー場の雰囲気を思い出した(当時は、リフト待ち30分が当たり前の時代だったっけ…)
しかし、ここに限らず「西○系」スキー場は、顧客不在の対応が目につく、今日のゴンドラ運休も本当に「強風」?って疑いたくなる…
このゴンドラを運休すれば、隣のリフトに人が集中して収拾が付かなくなることは、素人にも予想できる事態であるのに、それに対するケアがされない所が×
スキー場自体は面白いのに、もったいないね〜

焼額山に早々に見切りを付けて、一の瀬・高天原方面に戻って、高天原から東館山スキー場に滑り込む
ここで、翔が大転倒! スキー板・ストック全て飛ばして、後方一回転!!(雪が柔らかいので怪我はしないけど…)
4時頃迄滑って、今日(30日)は終了…

TS3M0161.jpg

31日、今日も天気は悪くない
朝一でゲレンデへ出て、高天原・東館山・ブナ平・西館山と午前中一杯滑る
天気も良く、ゲレンデコンディションも最高で、昨日以上に楽しく滑れた

TS3M0163.jpg TS3M0165.jpg

丁度、止める時間になって、雪が降り始めた…

帰りの道路も順調で、渋滞もなく16:00前には、家に到着
充分満足できたスキー行だった
 
posted by I.K.D. at 20:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

土曜sk8・日曜ski

今週は、sk8+skiでアグレッシブに

土曜は、「稲北」でsk8
久しぶりの、晴れの休日で気持ち良く滑走!

気温もすっかり春めいてきて、汗ばむ程(実際、Tシャツで滑った)
出撃はsevenさんとI.K.D.の二人のみ
sevenさんは、熱心に毎週練習しているだけあって、目に見えて上達している

前回見た時は、Front Crossで、Outエッジが十分使えていない感じがあったが、今日は完全に矯正されていて、きれいにIn/Outのエッジを使い分けていた

この分なら、すぐCross系は完成しそうだ
sk8のバランスイメージや、Gearの事などを話して、10:30に撤収

日曜日は、今シーズン最後のスキー行へ

天気と雪質を考えて、標高の高い「湯の丸スキー場」
コンパクトなスキー場ながら、標高の高さが幸いして、3月とは思えない上々の雪質

斜度が20度前後のフラットな中斜面が主体で、ゲレンデ整備もしっかりされており、快適なスキー場だった

yunomaru2.JPG yunomaru3.JPG yunomaru4.JPG

翔の幼稚園の友達(女の子)も途中から合流して滑る
子供二人の滑走スピードが速い速い!
Video撮影をしながら追いかけたが、追いかけるのがやっとで、映像がブレてフレームに収まりきらない・・・
でも、翔は友達と滑れて楽しかったみたい

滑りのVideo撮影も・・・


このスキー場は、ボーダーのレベルが非常に高い(ワンメークの大会があった所為かもしれないが・・・)
ゲレンデの真ん中で座り込んでいることもなく、安心して滑っていられるし、みんなカービングできれいに滑っていた

PM1:00までしっかり滑って、その後は近くの日帰り温泉「湯楽里館」

来週3連休は・・・ sk8三昧かな??
 
posted by I.K.D. at 22:01| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

20年前のスキー映像

ビデオの整理をしていたら、20年ほど前に撮ったスキーの映像が出てきた
場所は、志賀高原(サンバレー、丸池)と一部、石打丸山



いや〜 ギアも滑りも隔世の感が在りますな!
この頃は…

板のサイズは、200cm(当然ノーマルスキー)
ウエアは、白基調のデモパン
ぴったり脚を揃えたウェーデルン!!(死語)
映画は「ホイチョイ」の「私をスキーに連れてって」がヒットして、空前のスキーブーム、リフト待ち30分は当たり前(最後の石打なんかは、人の間をスラローム状態だもの…)

と言う時代でした…

今は、こんなスキッドしたターンなんか、したくても出来ない

posted by I.K.D. at 20:09| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

今週は「菅平」でSKI

今週は、今シーズン2度目のSKIへ!

直前まで、石打方面に行くかどうかを迷っていたが、晴天の可能性が高い「菅平」パインビーク(オオマツ)に決定

TS3M0051.jpg 予想通り晴天のオオマツ

ここは、25°〜30°程度の一枚バーンが多く、好きなスキー場だが、「初級者」卒業直前の翔には、若干キツかったか?
それでも、隣の「ツバクロ」へ行ったり、最終的には上級コースにチャレンジしたりと、リフト開始から、昼1回だけの休憩で2時半頃までと、日帰りの割には、しっかりと滑った

TS3M0052.jpg TS3M0053.jpg

帰りは、「真田温泉」へ…

onsensan.jpg

ここは、スキー場への道沿いにある割には、スキー客が少なく客層はほとんど「地元」で、のんびりした日帰り温泉施設だ
大広間で「昼寝」を少しして、今回は終了〜

次回は2月末頃の予定、どこに行こうかな…?
 
posted by I.K.D. at 19:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

家族 ski in 志賀高原

今週は No sk8 で、家族SKIへ

翔がだいぶ滑れる様になったので、志賀高原(一の瀬)に1泊で出掛けた
14日土曜日は、午前中は吹雪・・・
暫く様子を見ていたが、何時までも宿にいても仕方ないので、意を決して
ゲレンデへ出たが、
さ、寒い〜
リフト1本乗っている間に、全身真っ白、雪だるま状態・・・
それでも、我慢して滑っていると、だんだん雪が小止みになり、明るくなって来た
翔も少し元気が出てきたので、昼食後は「焼額山」に移動
おや? 翔のやつ、何時の間にか、足が揃ってきてるな・・・
しかも止まる時にも足を平行にしてトラップしている!
親は教えて無いのに、見様見真似で、何時の間にか出来てたみたいだ・・・

雪は止んだものの、風が出てきて寒くなって来たので、PM4時に終了

翌15日は朝から快晴! 風も無く絶好のski日和
翔の幼稚園の友達が、同じ志賀高原に来ていたので、合流して滑る

shiga1.jpg shiga2.jpg shiga3.jpg

それにしても、子供は疲れ知らずで・・・
3Km位の初心者林間コースなんぞ、Non-Stopで滑りきる(しかも結構な
スピードで)ママが「止まれー」と先に音を上げる始末・・・

一の瀬 ⇒ 寺子屋 ⇒ 東館山 ⇒ ブナ平 ⇒ 一の瀬 と午前中
一杯、休憩も取らず、滑りまくって 東京へ・・・

帰りは、翔・ママ爆睡・・・ パパ運転(はあ〜)
 
posted by I.K.D. at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする