2012年12月24日

アルモデル KATO7t (鉄ネタ)

鉄ネタです…
久しぶりの HOナロー(1/87)
アルモデル製、KATO7tのブラスキットを作製した
このキット、価格の割に良く出来てる
基本的には、接着剤で組み立てる様だが、全てハンダ付けで組み立てた

展示用のディスプレイに載せて撮影

IMG_2001.jpg

ディテールアップの為に、ボンネットの上部に手すり・ボンネットサイドのカバーに把手・ドアノブを 0.5mmの真鍮線で追加
若干、太過ぎたか? 0.4mmでも良かったかな…

IMG_2013.jpg IMG_2019.jpg

今回、ウェザリングは、結構上手くできたかも…

牽引するトロッコが必要だな
何にしようか?
  
posted by I.K.D. at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

ED18-2(鉄ねた)

かなり久しぶりのblog更新(しかも鉄ねた)
旧飯田線を代表するロコといえば、ED62・ED19・ED18と言ったところ
そこで今回は初めてのNサイズのブラスモデルとして、ワールド工芸のED18-2を組んだ(古い製品を半額で入手)

IMG_1623.JPG

ED18は旧型電機としてはかなり現役時代が長かったロコで、デッキの無い古いスタイルをしている
そのため、キットとしては細かい作業が少なくなり、組みやすい
しかも、このワールド工芸製品は、現行製品と違い動力部がユニット化されていて、更に組みやすくなっている
(ワールド製品の動力部は、HO-nスケールでも結構工作がシビアで神経を使うことが多かったので、更に小さなNスケールではかなり難儀するだろうと思っていた)

IMG_1621.JPG

それでも、Nスケール… 工作は細かい作業の連続だ〜
パーツを飛ばそうものならもう大変… 探し出すのに大苦労すること必至

基本的には、キットを素組したが、ワイパーを0.3mm線で自作、銀河モデルのホイッスルとエアホースを追加、
高圧引込線を自作、カプラーはKATOのナックルともう一方にはマグネティックカプラーを装着した

IMG_1594.JPG

で、完成

IMG_1627.JPG IMG_1630.JPG IMG_1602.JPG

出来は、70点 ステップの位置が気にいらない、もう少しディテールUPをしても良かったかな

スロー走行は結構効くが、ギア音が結構高い
高速走行は無理だが、貨物用電機なので、気にしないことにする
 
posted by I.K.D. at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

クモハ54(51)・クハ68キット製作(鉄ネタ)

旧型国電キット製作 第3弾

今回もGreenMax製、半流のクモハ54(キットはクモハ51) + クハ68
を飯田線のイメージで作成

GreenMaxのKitは前回も書いた通り「素材」と考えて、今回も歪み・ヒケ・バリの修正から
塗装は飯田線をイメージして、スカ色に塗り分けた

ディテールにも少し拘って、以下のパーツを追加・置き換えた
特に、クモハ54の乗務員扉横には、屋根に上がる手すりが付いているのだが、Kitでは表現されていなかったので、0.3mmの真鍮線を使って自作した(ついでに屋根上手すりも)

・乗務員扉横・屋根上手すり:0.3mm真鍮線で自作
・屋根上ステップ:銀河モデル
・ヘッドライト:銀河モデル(旧国用)
・ワイパー:銀河モデル
・ジャンパ線:銀河モデル

img_0619.jpg img_0623.jpg

・デフロスター:銀河モデル
・列車番号表示器:プリント自作

img_0719.jpg

・乗務員ステップ:銀河モデル
・床下配管(先頭・連結側):銀河モデル

img_0714.jpg

・テールライト:銀河モデル
・排障器:GreenMax

パーツてんこ盛り…

組み立て完了後、エアブラシで塗装+インレタ
インレタ貼付け後に青の塗装が薄かった事が判り、慌てて修正…

今回は、クリア塗装の前に、「TAMIYAウェザリングマスター」でウェザリングをして、最後にクリアートップコートを吹いてみた
エナメル塗装時の、塗膜の弱さは克服できたが、ツヤが均一過ぎたか? 一長一短だな

レイアウトに載せて、写真撮影
前回の平妻クモハ41と比べると、モデルのオーバースケール感は少ない感じ

img_0694.jpg img_0696.jpg img_0699.jpg img_0705.jpg

キットの仕上がりも併せて、満足度70点といったところか…

次は、久しぶりにナローでも作るか…
 
posted by I.K.D. at 19:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

クモハ41・クハ55 キット製作(鉄ネタ)

今回も、鉄ネタで
(最近、sk8ネタ書いてないな…)

旧型国電キット製作第2弾
今回は、GreenMax クモハ41(平妻)とクハ55

img_0442.jpg img_0440.jpg

GreenMaxのキットは一輌数百円と安いが、キットの内容もそれなり
そのまま素組したのでは、まともな物には仕上がらない感じがする

・屋根や側板の反りを修正
・側板に樹脂引けで凹みがあるので、ナイフと鑢で平らに削る
・窓、他部分のバリ取り+鑢仕上げ
・妻面の貫通幌取り付け穴が中心からずれているので、修正
・モールドの造形がまずい所は、削り取って別部品に付け替える(全て銀河モデルのパーツ)
(屋根上ステップ・妻面ジャンパー栓・ヘッドライト・テールライト・ワイパー 本当は、避雷器も交換しようと思ったけど、まあ良いか…)

これは、キットと言うより「素材」と考えた方が良いな
それに、何か少しオーバースケール気味
前回作ったリトルジャパンのキットと比べると、明らかに大きいし…

なんだかんだと結構手を加えて組み上げ、今回はスカ色に塗り分け塗装
塗装自体は割りと上手く出来たけど、やっぱりオーバースケールが気になる
(良く見ると、連結器もオーバースケールだな)
窓もプラキットなら、はめ込み窓は必須(プラ板貼り付け窓だと、どうしても妻板の厚みが気になる)

img_0418-1.jpg img_0420-1.jpg img_0436.jpg img_0437-1.jpg

こうやって、単体での写真にすると判らんけど、他の車輌と並べると差は歴然
次は、ボナファイデとかの、金属キットを作ってみよう
 
posted by I.K.D. at 21:55| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

旧型国電入線(鉄ネタ)

鉄ネタっす

新しい車輌が入線
懐かしの旧型国電、クモハ40(半流線)だ

今回は、「リトルジャパン モデルス」のプラキットを組んでみた
このキット、平板キットながら、完成度は非常に高い(模型としても、キットとしても)

img_0319.jpg img_0361.jpg

まずは、その細かいモールド表現
ウィンドシルのリベットから、床下機器の外からは見えない所まで表現されている

そして、その精度の高さ!
平板のプラキットというと、歪みやバリ、物によっては、モールドのヒケをパテ埋めしないと、とても見られる物には成らず、組み立てるまでの下処理がキット工作の半分位を占めるのが普通だと思っていた、が!
このキットは、バリや歪みは殆ど無し、ランナーから外したまま組み立てても、特に問題無い程だ

そのまま組んでも充分な完成度だが、若干のディテールUP
銀河モデル「ジャンパ栓」「ワイパー」を追加した

img_0364.jpg img_0362.jpg
ん? この前面だと、上吊のシングルアームワイパーだった様な… (ま、いいか)

色塗りは、大糸線カラーのスカイブルーに
旧国電の標準色だと、「ぶどう2号」色だが、同じ様な色の車輌ばかりになってしまうので、あえて明るい色を選択した



2輌セットなので、片方にトミーテック動力ユニットを組み込んで、いつもの様に軽くウエザリングを施して、とりあえず完成
今後は、ライト関係を組み込む予定


 
posted by I.K.D. at 19:36| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

カプラー換装(自動連結・開放) 鉄ネタ

鉄ネタです

機関車を交換する際に、自動連結・開放をさせたいので、カプラーを「マグネティックカプラー」に換装した(Micro Trains KATOから販売)

このカプラー、取り付けには多少の車輌加工を伴う場合があるのと、微妙な調整が必要で、自動開放を実現するのには、多少苦労する
特に、EF15(KATO)とワラ1(KATO)への取り付けには、結構な加工を必要とした

それでも、何とか目的は達成


 
posted by I.K.D. at 18:49| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

パワーパック自作(鉄ネタ)

先日作ったNゲージのレイアウトには、ポイントが4ヶ所あるが、持っているパワーパックにはポイントスイッチが2ヶ所分しかない

不足の2ヶ所分を増設しようと、既存のTOMIX製ポイントスイッチを購入して既存パワーパックに取り付けてみた
しかし、このスイッチ機械式で、どうも切り替えがスムーズじゃ無い
また、本来ポイントスイッチを増設出来る機能の無い製品なので、改造して無理に取り付けているので、見た目も悪い
で、レイアウトに合わせてパワーパックを自作した

・出力は余裕を見て1A
・既存のスイッチングAC/DCコンバータを使う(12V出力)
・電子式のポイントスイッチを4個装備(コンデンサー充放電式)

パワートランジスタ1個を使って、簡単に設計した(回路図も単純ね〜)

kairozu01.jpeg

スイッチング制御なので低速でも比較的安定して走行する、ポイントスイッチのコンデンサーを
3300μFと、比較的大きめにしたので、ポイントもしっかり切り替わるし、電子式なので切り替えタイムラグが無く好調
但し、10kΩのVRの抵抗値が若干大きかった感じ… 5kΩのVRを2個直列にして片方をトリーマーとして使うか、並列にRをかましても良かったかも

TS3M0204.jpg

部品代は、合計で4K円〜5K円程度
スイッチング制御のメーカー製品だと、10K円程なので、かなり安く出来た
(見た目はあんまり良くないけど…)
  
posted by I.K.D. at 20:49| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

新規車輌入線(鉄ねた)

なんか最近sk8ねたを書いてないな
今回も、鉄ねたで…

Nゲージレイアウトに、新規車輌入線
・クモヤ143-0番台 湘南色(マイクロエース)
・EF64-1000番台(KATO)

どちらも、とりあえず屋根上・下回りを中心に軽くウェザリング
EF64は、スカート回りにエアホース4本追加 + ステップの色差しでディテールUP
最初から良く出来てるKATO製品だが、更にリアル感が増した

クモヤ143は、床下機器のディテールが若干リアル感に欠けるが、他は良く出来てる
特に車体表記のインレタまで細かく再現されていてGOOD!

早速、レイアウトに載せて写真撮影

IMG_0150.JPG IMG_0151.JPG IMG_0155.JPG

貨物ホームから駅本屋方面

IMG_0159.JPG IMG_0162.JPG 

踏切から駅前方面

既存のEF15やEF58との並走も考えたが、クモヤ143のカラーが時代的に合わない(結構新しい塗装設定なので)EF64との撮影にしてみた

KATOからED16が出るそうなので、これも欲しくなりそう…

 
posted by I.K.D. at 21:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

Nゲージのレイアウトを作ってみた(鉄ネタ)

久しぶりに「鉄ネタ」で

30数年ぶりに、Nゲージの模型を手に入れた(KATO EF15 最終型他)

いや〜 最近のNゲージの模型は、良く出来てるわ!
Nゲージと言うと、モールドもディテールも甘い「おもちゃ」だった記憶が在ったが、最近のは昔のとは大違い、十分「模型」として納得出来る

それでも、このままではリアル感が不足しているので、台車周り+屋根上のウェザリング・カプラー交換・エアホース追加・パンタ碍子への色差しでディテールアップする

車輌へ手を入れると、走らせるためのレイアウトが欲しくなってくる
で、レイアウト製作…
大きさは、既成のレイアウトボード1枚サイズ(900mm×600mm)、20m級2〜3両が、3編成交換運転できる程度として、製作開始

駅を中心として商店街を作り、山の中腹に寺を配置、夜間の雰囲気も出せるように、それぞれをLEDでライトアップ出来る様にした

最初は、ストラクチャーをすべてスクラッチするつもりだったが、1/150のスケールは思いの外小さくて、納得出来る物が出来ない(特に窓・窓枠の表現が難しい…)
結局、「グリーンマックス」トミーテック」のKITを使うこととする
一部、簡単なストラクチャー(タクシー営業所と野立て看板)は自作した

現在、完成率約80% 実際に車輌を走行させてみる

IMG_0113.JPG IMG_0114.JPG IMG_0135.JPG

IMG_0112.JPG 駅から山方向を見る

IMG_0122.JPG IMG_0121.JPG レイアウト俯瞰

IMG_0138.JPG 自作の野立て看板(よく見るやつ…)



後は、細かい線路周りの標識類や、人間模型を追加予定・・・

 
posted by I.K.D. at 18:21| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

桜、植替え(鉄ネタ…)

先日作った、「展示用ジオラマ」
やっぱり桜の樹の出来が納得できないので、作り替えた…

幹は、同じく「銅撚り線」で作り、梢部分の枝振りを細かく表現する為にカスミソウのドライフラワーの先端部分を括り付けた
全体を塗装した後、細かくなった梢部分に木工ボンドをたっぷり付けて、白のシーナリーパウダーをたっぷりと接着する
ソメイヨシノの満開の様に ”みっしり” 咲いている様には成らないが、前の様に ”もっさり” した感じは無くなって、だいぶリアル感が出てきた(ソメイヨシノじゃなくてオオシマザクラみたいな感じ)

完全に満足出来る訳ではないが、前よりは良くなったので、ジオラマの桜を植え替えた
写真はこれ ↓ (廻りの光線の状態があまり良くないが…)

img_1413.jpg img_1415.jpg

アップにすると、「ガソ101」のディテールの甘さが気になってくる
機会を見て、これも作り変えるか〜 ?
 
posted by I.K.D. at 17:10| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

展示用ジオラマ第2弾(鉄ネタ…)

所有車輌の、「沼尻鉄道(磐梯急行電鉄)」 ガソ101及びキハ2402を展示する為のジオラマを作ってみた

今回モデルとしたのは、沼尻鉄道の川桁駅付近に実在した「観音寺川」
桜の名所でもあるので季節は春、「桜満開の観音寺川」イメージしてみた
実際の写真はこれ↓

img_382628_42486395_4.jpeg 11.JPG

満開の桜の樹や川の流れ、ガーター橋等、始めて作るシーナリーやストラクチャーが満載だ!

<桜の樹>
既製品の桜の樹も検討したが、これが全く桜に見えない…
で、全部自作することに

幹:太めの電線の撚り線(真ん中の銅線)を加工して、ハンダを流して成型、塗装して使う

花びら:最初は白く塗装したコースターフを試したが、全くダメ…
色が出ない上に、塗料でターフが団子状になって使い物にならなかった
発泡スチロールのパウダーも、「桜の樹」には見えない出来栄え
で、結局家庭用の低発泡メラニンスポンジ(白)を細かくちぎって使った

<小川>
河床:その辺で拾った粗めの砂と砂利で表現、グレーで河床を塗装

水の流れ:こいつが難しかった… 「リアルスティックウオーター」では若干透明感が足りない感じだったので、「クリスタルレジン」を水色に薄く色を付けた物と、クリヤーそのままの物を2層にして流すが、このままでは、「水の流れ」が表現できず、まるで「溜池」状態…
木工ボンドを更に塗りつけて表面に凹凸を付けたが、それでもまだ「流れ」には程遠い
更に、白の塗料をドライブラシで塗ってみたが、これが大失敗!水の深み感をスポイルする結果に
しかたがないので、更に「グロスメディウム」を重ね塗りしてごまかす

ガーター橋:既製品も考えたが、Nゲージ用では、どうしてもスケール感が合わない為、厚紙をH型に組み立てて塗装、ウエザリングで「汚れ」感を出した

<土手>
タンポポ:春の土手にはタンポポが付き物、これもコースターフを黄色く塗装、細かくちぎってみたが、このままではまるで「青虫の糞」みたい… 緑のコースターフと混ぜて、みると割と良かったので、それで表現

試行錯誤をしながら、何とか一応の完成を見たのがこれ↓

img_1384.jpg img_1379.jpg img_1400.jpg
img_1401.jpg img_1403.jpg img_1406.jpg

どうでしょうね〜
やっぱり「桜の樹」と「小川」がいまいち納得出来ない出来だな…
 
posted by I.K.D. at 12:00| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

車輌追加(鉄ネタ…)

このblogの名前は? I.K.D.'s Skate Movies…
って、最近やけに「鉄」分多めで

最近作った尾小屋鉄道「DC122」、やっぱりDL単機じゃ様にならないので、牽引させる客車を追加で作製
今回選んだのは、尾小屋鉄道「ハフ1」をプロトタイプにした、アルモデル製 「軽便2軸客車B(尾小屋タイプ)」
非常に簡単で組みやすいキットだが、その分細かいディテールが省略されていたり、Nゲージの貨車の下廻りを流用する為、若干スケールに違和感を感じたりする…
が、「尾小屋」のイメージは表現出来ているので、良しとしよう

チャッチャッと3日程度で作り上げたのがこれ…
走行用レイアウトと、展示用ジオラマで撮影してみた

DC12204.jpg DC12203.jpg DC12202.jpg DC12201.jpg img_1358.jpg

まあ、こんな物でしょう(取ってあったはずの、ハフ1のインレタが見当たらず貼れなかったので、何となくぼんやりした感じにはなってしまったが…)

車輌も結構増えてきた(これで、4台め)
次は、展示用のジオラマを追加しようと考えて、現在、使用を考えているシーナリーの表現を試行錯誤中

img_1373.jpg 満開の、「ソメイヨシノ」を表現(出来たか??)

今後は、「水」の表現とあわせて、「春」の風景を作ってみたいと考えている
 
posted by I.K.D. at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

今週は「鉄」三昧になってしまった…

今週は、木曜日から翔がインフルエンザに
幸い、リレンザ服用で翌日には熱も下がり、大した事はなかったが、sk8は自粛モード
(でも、月曜日に「いこい」でチョコッと滑った…)

そんな訳で、外出も儘ならず自然「鉄」モードに
時間がたっぷり在ったので、先週から作り始めた「尾小屋鉄道 DC122」のキット製作が進む進む!

塗装・ウェザリングまで終わってほぼ完成(後は、車票のインレタ貼りと、窓入れで完成)

で、展示用ジオラマに載せて、撮影を…
IMG_1342.JPG IMG_1349.JPG IMG_1329.JPG

併せて、走行レイアウトでの動画も撮影した


うーん、やっぱりDL単機だと… 次は客車を作ってDLに牽かせよう
 
+++ やっぱり、せっかくの3連休 sk8がしたかったな〜 +++
 
posted by I.K.D. at 21:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

「雨」だったので、鉄道模型作成

今日は、元々「雨」が降ると思っていたのだが、朝起きると陽が出ている、急遽支度して「稲北」に向かったが…
「稲北」に近づくに従って、段々雲行きが怪しくなってきた
ブーツを履き、パイロンを出して… さて、滑ろうか! と思ったとたんポツポツと降り出したかと思う内に本降りに
「何じゃこりゃ!」諦めきれずにいる内、雨は止んだが路面はびしょ濡れ、雲行きもまた怪しくなって来たので、諦めて帰る…

「稲北」では、一部の人に「鉄」がブーム?になっている
それじゃ、と言う訳で買ったまま手付かずだった、HOナローの鉄道模型のキットを作り始めた(このキット、作らないでいる内に、いつの間にか製造終了になった模様…)

車輌は、「尾小屋鉄道」シリーズ2台目のディーゼル機関車「DC122」ワールド工芸製のブラスキットだ

TS3M0026.jpg 製作途中のキット

このキットは、自分でパーツをハンダ付けして、塗装をして完成させるキットで、製作には結構時間が掛かるが、ディテイルは結構良い
まあ、気長に作って1ヶ月程度かな?

完成の暁には、このページでお披露目予定
  
posted by I.K.D. at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

鉄道模型その2<展示用レイアウト>

少しずつ作ってきた1/87(HOナロー)のナローゲージ車輌も3台になっ
たので、車輌展示用のレイアウトを作ってみた

完成したら玄関にでも置こうと思って、展示台は300mm×150mm程度
の小さな物とし
車輌を走行させる事が目的ではないので、出来るだけリアルさも表現
してみよう

で、モデルにしたのは石川県に実在した「尾小屋鉄道」の「大杉谷駅」

og10_1.jpg

駅舎は、写真を元に車輌の大きさから推測して、ボール紙から切り出し
て、バルサの角材と組み合わせ、看板も出来るだけ似せるように作る
ホームは、バルサ板に石膏で整形した上に、パウダーを撒いて表現し
駅裏の杉林は、鉄道模型様の「樹木KIT」で作成
地面の表現も、細かいパウダーを使うことで、よりリアル感を…

で、出来たのがこれ

IMG_1306.JPG IMG_1307.JPG IMG_1313.JPG

駅舎を少し中央よりにし過ぎた為、車輌(尾小屋鉄道 キハ2)を置くと
駅舎の大半が隠れてしまうことになったが、まあ良いか?

現在、我が家の玄関インテリアとして展示中

PS.ゆずあさん…こんな楽しみ方も在りますよ〜
 
posted by I.K.D. at 18:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

昔”鉄”の血が…(sk8ネタじゃないです…)

今回は、sk8ネタ以外で…

プラレールでは満足出来なくなってきた翔にと、プラレールよりは少し本格的な「鉄道模型」
の簡単なレイアウトを作ってみる事に…

最初は「B3程度の画材パネルに既成のレールを貼り付けて、安いNゲージの車両で簡単に」
と思っていたが、いざ作り始めて見ると、「昔”鉄”だった時」の血がムラムラと頭をもたげて
来て、完成してみれば思いのほか本格的な物に…

大きさこそは、住宅事情でB3サイズとしたが、車両は真鍮製のキットに塗装をして、厚紙で
「駅舎」 「ホーム」 「保線区」や、「踏切」 「信号機(腕木式)」等の小物を作成して…
模型用の材料で「地面」や「樹木」等のストラクチャーまで製作…
(駅舎とホームはLEDで照明付き、懐かしのホーロー看板も再現!)

IMG_1079.JPG IMG_1076.JPG

昭和の中頃まで、福島県に実在していた軽便鉄道「磐梯急行電鉄(沼尻鉄道)」をイメージ
したB3サイズのミニレイアウトが完成した!



子供には、触らせられません!
って… 元々、翔に遊ばせる為に作ろうと思ったんじゃなかったか??
既に「子供のおもちゃ」の域を逸脱しているって…

本末転倒だ〜
posted by I.K.D. at 22:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする