2012年01月29日

「ブランシュたかやま」でSKI

今週末は、SKIへ
予定では、上越方面を考えていたが、間違いなく「雪」なので、天候の期待出来る白樺湖方面へ

ブランシュたかやまは2回目、前は翔が2歳になる前だったっけ…

course_map.jpg

天候は小雪、時折陽が射すが止まずに降っている
それでも、ガスっている訳ではないので、コンディションは良好
標高の高いスキー場なので、雪質は申し分なし
特に、朝一のパウダー滑走は、シーズンにそう何度も味わえない気持ち良さだった

翔も雪質の良さに助けられてか、いつもより上手に滑っていた(生意気にショートターンなんかやってた)



そんなに大きなゲレンデではないので、日帰りで半日滑るには充分
12:30まで、がっつり滑って、帰りはいつもの通り温泉へ

武石温泉うつくしの湯

きれいな施設なのに、地元の利用しかない様で空いていて気持ち良い

帰りの中央高速は混んでいると考え、上信越道(東部湯の丸IC)で帰宅〜
 
posted by I.K.D. at 14:04| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

週末、雨。

ここの所、Blog更新サボり気味
今週は金曜日から雪、土曜も一日雪まじりの雨…
日曜日、10時頃になってやっと雨が止んだ

稲北ならイケるかな?
12時半に稲北出撃(ソロ)

路面は濡れていたものの、30分もすると乾いてきた(さすが稲北)
影子8 の往路エンド部分の練習 → これが出来ない!!!
スピンが続かない、特に2回転以降は単なる踏みかえになってしまう… 出来る様になるのか?これ

あとは、COMBOのモディファイ

ノンストップで40分滑って、10分休憩 また40分連続滑走
ソロだと、休まずに滑っちゃう

2時間ほどみっちり滑って撤収、帰りに Tなかさん とすれ違い…

来週はSKIだけど、冬型が強そうだ
上越は雪が強そうなので、中央沿線か、湯の丸か…
 
posted by I.K.D. at 18:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

年末志賀高原SKI

年末の30日・31日で、恒例の志賀高原SKIに

クリスマス寒波の後も、他のスキー場より積雪が少なく心配したが、思った程ではなく年末の志賀高原としてはまずまずのコンディションだった

30日、朝は晴れていたが風が強くかなり寒い、翔の幼稚園の友達(女の子)と合流して滑る
上部(一の瀬・高天ヶ原)は寒かったので、下部(丸池・サンバレー)方面に移動
途中、賀高原でも有数の急斜面「ジャイアント」を滑ったが、問題なく滑る翔…
去年より、上達してる?



午後になると、雪が降ってきて、寒さに拍車がかかる
それでも、PM4:00迄たっぷり滑った

31日は、朝方は雪も降っていたが、その後は、日も射す天気になって、快適なコンディション
前日同様、翔の幼稚園の友達と合流して、一の瀬・焼額山方面に
午前中いっぱい滑走

今年特に感じたのは、志賀高原の衰退か…
昨年の丸池の老舗ホテルの廃業、今年もサンバレーのエプロンサイドの一等地にあったホテルが軒並み廃業しているし、志賀高原の看板だった「志賀高原ロープウエー」が休止していたりする
スキー人口(スノボ人口も含めて)の減少を受けての事だろうが、最盛期を知っている身からすると、一抹の寂しさも…(リフト待ちは勘弁だけどね)

帰りがけに、「わくわくの湯」に寄って、帰路に
道路も空いていて、ほぼ予定通りに帰宅できた

天気も・コンディションも、年末としては、まずまずのSKI行だった

 
posted by I.K.D. at 22:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Skiing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

動画二題(sk8 + 鉄)

最近の動画を2本


稲北での練習動画
最近やってるCOMBO+やくちゃんCOMBO(ヴァリエーション)、後半はよるんさん撮影


鉄道模型動画
最近作ったキットをレイアウトに載せて撮影
posted by I.K.D. at 20:19| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

クモハ54(51)・クハ68キット製作(鉄ネタ)

旧型国電キット製作 第3弾

今回もGreenMax製、半流のクモハ54(キットはクモハ51) + クハ68
を飯田線のイメージで作成

GreenMaxのKitは前回も書いた通り「素材」と考えて、今回も歪み・ヒケ・バリの修正から
塗装は飯田線をイメージして、スカ色に塗り分けた

ディテールにも少し拘って、以下のパーツを追加・置き換えた
特に、クモハ54の乗務員扉横には、屋根に上がる手すりが付いているのだが、Kitでは表現されていなかったので、0.3mmの真鍮線を使って自作した(ついでに屋根上手すりも)

・乗務員扉横・屋根上手すり:0.3mm真鍮線で自作
・屋根上ステップ:銀河モデル
・ヘッドライト:銀河モデル(旧国用)
・ワイパー:銀河モデル
・ジャンパ線:銀河モデル

img_0619.jpg img_0623.jpg

・デフロスター:銀河モデル
・列車番号表示器:プリント自作

img_0719.jpg

・乗務員ステップ:銀河モデル
・床下配管(先頭・連結側):銀河モデル

img_0714.jpg

・テールライト:銀河モデル
・排障器:GreenMax

パーツてんこ盛り…

組み立て完了後、エアブラシで塗装+インレタ
インレタ貼付け後に青の塗装が薄かった事が判り、慌てて修正…

今回は、クリア塗装の前に、「TAMIYAウェザリングマスター」でウェザリングをして、最後にクリアートップコートを吹いてみた
エナメル塗装時の、塗膜の弱さは克服できたが、ツヤが均一過ぎたか? 一長一短だな

レイアウトに載せて、写真撮影
前回の平妻クモハ41と比べると、モデルのオーバースケール感は少ない感じ

img_0694.jpg img_0696.jpg img_0699.jpg img_0705.jpg

キットの仕上がりも併せて、満足度70点といったところか…

次は、久しぶりにナローでも作るか…
 
posted by I.K.D. at 19:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

雨上がり

雨上がりの朝…
さしもの稲北も昨日の雨には敵わなかった様で、今朝はかなり路面が濡れた状態
落ち葉も濡れていて、路面に張り付いて簡単には掃けない
落ち葉かきをしただけで、結構疲れた…

翔は毎週来ているのに、なぜか3週間ぶりにBootsを履いた
余りに、練習していないので、稲北の神が怒ったか、犬のう○ちを踏むという、バチが
当たった様だ(練習しろよ〜)

6ヶ月ぶりに動画撮影(翔の撮影)



全く上達していない自分を見つけて、ガックリ…
しかもビデオカメラの調子が悪く、ブツ切れの動画だ

カメラ買いに逝こう…

posted by I.K.D. at 21:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

伊豆ヶ岳ハイキング

久しぶりのファミリーハイキング
今回は、奥武蔵の「伊豆ヶ岳」

この山は、「奥武蔵」の入門コースながら、低山にしては展望が良いのと、頂上直下の
鎖場が特徴だ(鎖場は落石事故があってから、基本的には通行を推薦していない様…)
自分自身、30年ぶり?の山だ

course_izu.jpg

6:40 正丸駅到着
登山の原則は「早立ち・早着き」これは、低山でも変わらない
早朝に家を出て正丸駅の駐車場に車を駐めるも、料金を払う売店がまだ営業しておらず、駐車料金は下山してから払うことにする

7:00 登山開始
西武線のガードをくぐり、車道を大蔵山集落方面へ、30分弱で正丸峠方面との分岐(馬頭尊)

img_0474.jpg

沢沿いを伊豆が岳方面に進み、亀岩分岐を右に沢の左岸の尾根に取り付く
亀岩を経て、分岐から40分程で、伊豆ヶ岳ー正丸峠の尾根筋に出る

しばらくは、アップダウンの少ない快適な尾根道が続き、ベンチのある小ピーク(五輪山)を越えると、いよいよ山頂直下の鎖場に着く

岩場の様子を見るが、鎖の掛かっているフェースには特に浮き石は見当たらない(当然、端にはある)鎖の固定もしっかりしており、先行者も後続者も無いので、直登することにする
(ガイドブック等では推薦していないので、当然通行は自己判断で)
傾斜は、見た目ほど無く、しっかり立って居れば鎖が無くても登れそう
とは言うものの、若干岩が濡れ気味なのと、高度感はあるので、鎖を持ちながら登る

img_0478.jpg

登りきった先の大岩を右から捲けば、程なく「伊豆ヶ岳」の山頂に到着(8:45)
先行者2名、早い時間なので、人気の山とは思えないほど静かな山頂だ

img_0482.jpg

武川岳方面の展望があるが、思ったより見晴らしは良くないので、戻って鎖場直後の大岩の上で大休止(見晴らし良好!)

img_0486.jpg img_0485.jpg

9:40 下山開始
下りは鎖場を通過せず、捲道(女坂)を正丸峠に向かって下る
途中、続々とハイカーとすれ違う(山頂は混雑してるだろうな… 早立ちの効果があったな)
快適だが、平凡な尾根道を下ると、正丸峠
ここでも団体ハイカーとすれ違う

img_0488.jpg

正丸峠からは、茶屋裏の斜面を急下降、程なく沢沿いに進む道になり、朝の分岐(馬頭尊)を経由して正丸駅に下山(11:20)

img_0494.jpg

途中の沢音 

帰りは、正丸峠を車で越えて、名栗方面へ、途中「さわらびの湯」で昼食と入浴・休憩をして帰途に着いた

コースタイム(休憩含み)
正丸駅→分岐(25分)→亀岩経由尾根上(50分)→伊豆ヶ岳(25分)→
正丸峠(50分)→正丸駅(50分)

休憩を含んでも、4時間強の行程で程よいハイキングだった(紅葉には、まだ早かったけど)

 
posted by I.K.D. at 20:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mountain Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

クモハ41・クハ55 キット製作(鉄ネタ)

今回も、鉄ネタで
(最近、sk8ネタ書いてないな…)

旧型国電キット製作第2弾
今回は、GreenMax クモハ41(平妻)とクハ55

img_0442.jpg img_0440.jpg

GreenMaxのキットは一輌数百円と安いが、キットの内容もそれなり
そのまま素組したのでは、まともな物には仕上がらない感じがする

・屋根や側板の反りを修正
・側板に樹脂引けで凹みがあるので、ナイフと鑢で平らに削る
・窓、他部分のバリ取り+鑢仕上げ
・妻面の貫通幌取り付け穴が中心からずれているので、修正
・モールドの造形がまずい所は、削り取って別部品に付け替える(全て銀河モデルのパーツ)
(屋根上ステップ・妻面ジャンパー栓・ヘッドライト・テールライト・ワイパー 本当は、避雷器も交換しようと思ったけど、まあ良いか…)

これは、キットと言うより「素材」と考えた方が良いな
それに、何か少しオーバースケール気味
前回作ったリトルジャパンのキットと比べると、明らかに大きいし…

なんだかんだと結構手を加えて組み上げ、今回はスカ色に塗り分け塗装
塗装自体は割りと上手く出来たけど、やっぱりオーバースケールが気になる
(良く見ると、連結器もオーバースケールだな)
窓もプラキットなら、はめ込み窓は必須(プラ板貼り付け窓だと、どうしても妻板の厚みが気になる)

img_0418-1.jpg img_0420-1.jpg img_0436.jpg img_0437-1.jpg

こうやって、単体での写真にすると判らんけど、他の車輌と並べると差は歴然
次は、ボナファイデとかの、金属キットを作ってみよう
 
posted by I.K.D. at 21:55| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

旧型国電入線(鉄ネタ)

鉄ネタっす

新しい車輌が入線
懐かしの旧型国電、クモハ40(半流線)だ

今回は、「リトルジャパン モデルス」のプラキットを組んでみた
このキット、平板キットながら、完成度は非常に高い(模型としても、キットとしても)

img_0319.jpg img_0361.jpg

まずは、その細かいモールド表現
ウィンドシルのリベットから、床下機器の外からは見えない所まで表現されている

そして、その精度の高さ!
平板のプラキットというと、歪みやバリ、物によっては、モールドのヒケをパテ埋めしないと、とても見られる物には成らず、組み立てるまでの下処理がキット工作の半分位を占めるのが普通だと思っていた、が!
このキットは、バリや歪みは殆ど無し、ランナーから外したまま組み立てても、特に問題無い程だ

そのまま組んでも充分な完成度だが、若干のディテールUP
銀河モデル「ジャンパ栓」「ワイパー」を追加した

img_0364.jpg img_0362.jpg
ん? この前面だと、上吊のシングルアームワイパーだった様な… (ま、いいか)

色塗りは、大糸線カラーのスカイブルーに
旧国電の標準色だと、「ぶどう2号」色だが、同じ様な色の車輌ばかりになってしまうので、あえて明るい色を選択した



2輌セットなので、片方にトミーテック動力ユニットを組み込んで、いつもの様に軽くウエザリングを施して、とりあえず完成
今後は、ライト関係を組み込む予定


 
posted by I.K.D. at 19:36| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急に秋めいて

10月に入って急に秋めいてきて、稲北の駐車場のキンモクセイも匂い始めた

sk8には、もってこいの気候なのに、どうもモチベーションが上がらない…
今週末は土・日とも7:30に出撃して滑ったのだが、土曜日は風が強く、日曜日はにわか雨が降ってきて、9:30には撤収

50cmの新しいCOMBOをと思って作ってみるが、どうにも面白くない
50cmで出来る技が少なすぎるな…

80cmは、Rekil Back-Rekilの復習
暫く練習していなかったんで、滑りが退化してる〜
リズムに乗って滑れるように、来週も練習しよう!

TS3M0213.jpg TS3M0212.jpg

posted by I.K.D. at 18:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする